ニキビに悩む30代は多い

30代になったら肌トラブルも少なくなるのかなと思っていたらそうでもないですね。
30代なのにニキビが増えた!という人も多いと思います。
思春期にはなかったいわゆる大人ニキビ。一体いつまでニキビを付き合っていけばいいのでしょうか。
しかも大人ニキビの特徴として顔全体にできるという特徴があります。
特に頬、あごまわり、くちまわり、フェイスラインあたりにできやすいです。
そしてニキビの形状も。ぶつぶつと小さいニキビから大きな赤ニキビ、そして白いニキビもできます。
特に頬のニキビなんかニキビ跡として残りやすい。30代に入ってくるとシミにも気を付けないといけないのですが、
ニキビができると余計シミになりやすい。私はどうすればいいのでしょうか・・・
色々と改善策を探していると一つ気になるキーワードがありました。
それは「インナードライ」。あなたはインナードライを知ってますか?
インナードライとは肌の表面は油っぽいのに、実は肌内部は乾燥している状態。
乾燥は美肌の大敵と言われますが、肌の表面は油っぽいので自分はインナードライであることを
気づかない人が多いみたいです。で、私はちょっと心あたりがあって、
顔を洗うときお肌がザラザラしたり、肌が硬いということ。インナードライの人の特徴の一つみたいです。
あとはストレスも良くないみたいです。ストレスがかかるとホルモンバランスが乱れやすくインナードライを助長することも。
とにかくインナードライには保湿が一番とのこと。それから私は保湿について調べていまスキンケアを頑張ってるところです。
私と同じようにニキビに悩む30代女性。ひょっとするとあなたもインナードライでは?
保湿というキーワードがニキビ改善に役立つかもしれませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です